ZX-25Rインプレ 結論 初バイクには勿体ない快作

ZX-25Rについて長々と書いてきたが、そろそろfútbolの事も書きたいので、まだまだ書き足りなくて名残惜しいが今回で終わりとする 結論 新たに250cc4気筒を出すと聞いた時、「一旦マーケットから淘汰された商品構成だから、色々と無理が出るのでは?」と危惧…

ZX-25Rインプレ 其の漆 補足、デザイン等

前回の電子制御、特にクイックシフターのインプレでようやく「初バイクにはお薦めしない」理由が見えてきたのだが、結論に至る前に書き残した事を書いておこう デザイン オートバイやクルマは定量的な評価が難しく、通販番組宜しく「※個人の意見です」になり…

ZX-25Rインプレ 其の陸 ハイテク装備

ZX-25RはCBR250RR同様、スロットルバイワイヤなので各種電子制御はお手のもの。クラス最高峰のプレミアムモデルたるZX-25Rには、大型SSばりの各種電子制御が搭載されている トラクションコントロール 元々は大排気量バイクの有り余るパワーを、シロートが暴…

ZX-25Rインプレ 其の伍 各部詳細

ここまで誉め誉めのZX-25Rやけど、「初バイクにはお薦め出来ない」の結論に持っていく為に(恣意的)、ここからは重箱の隅をつついていこうと思う。つまり、各部の詳細 インパネ バイクを買う時、私が結構重視するのがインパネ。大抵の人は外観ばっかり気に…

ZX-25Rインプレ 其の肆 高速で本領発揮?

セレッソは今の監督ではダメだと結論出てるので、もうあれこれ書く気もないから一言だけ 「もう欧州と交渉始めてるか? 新GMは、ACLでのリーグ戦中断期間を無駄にするんやないで」 さて、峠を走ってZX-25Rは250ccライバル車より更に上を行く実力を持っている…

ZX-25Rインプレ 其の参 峠はノリノリ

250cc4気筒に対するステレオタイプのイメージ、「下がスカスカで街乗りでは使いづらい」は杞憂だったと分かったZX-25R。懸案事項が晴れた気分で、今度はお楽しみのワインディングへ 3. ワインディング これまでの他車のインプレで散々書いたが今の時代のフ…

ZX-25Rインプレ 其の弐 街乗り

私の興味がセレッソから離れてしまってるので多くは書かんが、絵に書いたようなIniesta様の引き立て役を演じてしまったな。恥も外聞もなく1点を守りに行ってくれたユンのチームの有り難さが身に染みひんか? ワクワクしたって飯のタネにはならんで。プロは…

ZX-25Rインプレ 其の壱 開発の背景から考察

ACLに備えて4月途中からの日程を空けてたらそのACLが延期になり、GWにたった1試合しか行われないなどスカスカ日程続行中のセレッソ。これで試合が面白ければ一日千秋の思いで試合を待てるが、実際は二世代前のJを思わせるような退屈な内容 そうなると自然…

第13節A名古屋戦 キャプテンはジーニアスと同じ運命を辿るのか

今季私のイチオシの中島元彦の初先発で大注目の一戦が、まさかまさかの前半で途中離脱(しかも前節大久保のようなハムストリング自滅で)。あまりの落胆で試合結果についてあーだこーだ言う気力も湧かんので、たまには相手選手の事でも書いてみる この試合で…

第12節H大阪ダービー 天皇賞より価値のないダービー

地上波、BS放送はおろか、深夜ダイジェスト放送すらない... 既存メディアに無視された「ここ数年では最も無価値な大阪ダービー」、それがスポンサーサイドから下されたこの試合の評価やな これだけ注目度の低い理由は両チームのやってるサッカーのレベルの低…

第10節H浦和戦 何でメンデスが居らんのや?

この試合もご多分に漏れず現代常識戦術"前プレ"ストーミングで圧迫してくる対戦相手。ロクに自陣からボールすら繋げない"常に3位以内に居なければならない"強豪セレッソ。言行不一致の、もう見慣れた様式美やね 日本人監督の昇格2チームにすらヤラれてるの…

第18節H徳島戦 "カオ"では勝てなくなったJリーグ

10人相手なのに攻め込まれた鳥栖戦&福岡戦も大概やったけど、ズタズタに崩されまくった今節の試合、前2試合を上回る見事なやられっぷりやったな これら3クラブのうち徳島&福岡はJ2上がりだし、永らくJ1で頑張ってる鳥栖にしても昔風に言うとプロビンチ…

第9節H福岡戦 ロティーナの有り難さが身に染みる一戦

一人少ないにも関わらず果敢に攻め上がり、力強く先制点&同点弾をもぎ取る福岡。リードしただけでは潔しとせず、失点のリスクを背負って勇猛果敢に攻め続けるセレッソ... いやぁ、実にエキサイティングな面白い試合やった。フロントが要求したワクワクする…

第8節Aマリノス戦 監督までターンオーバーかよ

CB進藤、SB新井、FW松田力、そして監督小菊? 最後の思い出移籍だと思ってた大久保が開幕スタメンで今季チーム初得点。これに次ぐ、第2の衝撃が今節のメンバー発表やった メンバー固定傾向だった今季のセレッソが、宗旨変えのような大ローテーション。スタ…

第7節H鳥栖戦 鳥栖はスゴいが、同時に悲しい

1ー0、0ー0、1ー0 ん? これが攻撃的な今季のセレッソのスコア? 昨季の今頃の戦績の間違いやろ? まるでロティーナセレッソのような省エネスコア、粘り強い勝ち点の拾い方やな 聡明なセレサポの皆さんはもうお気づきの事やろうが、監督交代の大義名分…

怪我は残念だが、セレッソの運気は上がってる

序盤戦にスタートダッシュで好位置につける事に成功した'21シーズンのセレッソ。しかしその代償は来た www.cerezo.jp 3選手が故障した事には悲観的な見方およびクルピの固定メンバー用兵策を非難する声もあるようだが、私にはこれすらセレッソを利する天の…

第6節A湘南戦 最高の滑り出しの序盤戦

開幕から怒濤の7連戦の最終第7戦目の湘南戦、試合自体は...な一戦やったが、これで7戦トータル4勝2敗1分となった訳だが、皆さんはこれをどう評価するやろか? 私は"これ以上、望むべくもない出来過ぎの滑り出し"やと思う 7試合で勝ち点13は、例年の34…

第5節H大分戦 固定メンバーで行けるとこまで行く?

10人相手 新監督の準備期間 最下位チーム 先に断っておくが、疑り深い私はまだまだ信用してない。何故なら上記の通りここまで勝ったチームは全て"注釈付き"だから。で、今回ようやく無敗のチームに土を付けてようやく信じられる... かと思いきや佐に在らず。…

第4節A横浜FC戦 守り切るよりトドメを刺しに行くのか

「チームが出来るまで10試合は...」のセリフで有名なクルピだが、流石は勝手知ったる我が家、桜の監督として第4次政権ともなればそんなに手探り期間は必要ないらしく、5戦目にしてチームの方針が固まったようだ。それは、 「リードしても守りに入らず、ト…

第3節H清水戦 同期会?

一部の人に言わせると、ウチと清水は"同期"ならしい。セレッソにとって同期というと'95年J加入時の柏が思い浮かぶのだが(柏餅桜餅の餅ダービー?)、'17年にJ2から昇格したという意味だとか 初年度からのJリーグメンバーであるアチラさんにとっては唯一の…

第2節A エフシー戦 勝敗よりも気になる事

赤っ恥の逆転負けに怒り心頭大騒ぎしとる面々も多いようだが、同じく奴らが大喜びしてた開幕戦勝利も10人相手の追い風参考記録程度に思ってた私にとっては、「さもありなん」な一戦 レヴィーのチーム作りの合言葉"10試合"を考えると、今は勝敗よりもチームが…

第11節A川崎戦 西川潤は崖っぷちに立たされてる

対フロンターレは昨季ダブルを喰らってるから、この試合で負けたから弱くなったとは言えない が、良くなったとも言えないやろ。点差こそ最少やったけど、相手はやりたい事をやりきって勝ったんやから。やっぱり開幕戦は1人少ないハンデ貰った"追い風参考記…

'21 開幕節 1勝ぐらいでは騙されない

何の先入観もない、フラットな気持ちで応援してる人にとっては開幕戦を2ー0で快勝、しかも全国区のヒーロー大久保の決勝ゴールで万々歳なんやろうけど、永らくクラブに騙され続けてきた疑い深い私にとっては「38分の1やから」ぐらいの気分や それにして…

'21戦力評価 守備篇

はや'21シーズンも本日2月26日開幕。オープニングマッチで主役扱いのビジャイニエスタ神戸を専守引きこもり戦法で撃破したのは2年前の話。あの時も今と同じく、不安一杯の新監督による船出やったなぁ 2. 守備篇 ボランチより後ろを守備陣として、昨シー…

キンチョウスタジアムは名スタジアムだった

知らんかったけど、今年のサポーターズコンベンションはヨドコウ桜スタジアムの見学会付きやったんやな。サポコンに行くとオフレコも書きたくなるから行かんと最初から決めてたけど、スタジアム見れるんやったら行くべきやったわ www.daily.co.jp 「66億も使…

'21戦力評価 攻撃篇 補足

今季は新たなゴールゲッターが出現しないとロティーナに嘲笑われる得点力不足なチームになると前回書いたが、得点力を調べてて色々と面白い事に気づいたので補足しておく それは「攻撃フチボウのクルピに変わって得点取りまくる!」は眉唾であるという事実。…

'21戦力評価 攻撃篇

開幕まで残り1週間となり、緊急補強ダンクレーも獲得して流石にチームの陣容は整ったと思うので、遅ればせながら今季のセレッソの戦力評価をしてみようと思う 1. 攻撃篇 先ずは昨季のJ1の結果から振り返ってみよう 1位 川崎 得点88 失点31 2位 得点46 失…

ダンクレー獲得は反攻の狼煙か

前年4位でJを代表してACLを戦う強豪チームだった筈が、如何にして下馬評10位の低評価チームまで成り下がったか、その分析を書こうと思ってた。この一報が届くまでは www.cerezo.jp ハイ、セレサポの皆さん、潮目が変わって来たで。自分好みのチームにし…

今季は妥当な10位評価

あっと言う間に宮崎キャンプも終わって開幕まではや2週間となったが、この時期になると聞こえてくるのが今季のチームの前評判 昨季は高名な某ダイジェスト誌から順位予想6位、戦力ランキングに至っては9位という「お前らの目は節穴か(笑)」評価を頂き、専…

TIAGO Pagnussatはどこの所属?

キャンプも始まっていよいよ'21の新チームも始動! なんだが初日のCAMP REPORTの映像を見ても目立つ外人選手の姿が無い… そう、特段の事情を除く入国制限措置の為に(つまり断れないあの国からはガンガン入国させてる)、期待の新外国人選手達は未だ母国に留…