'20オフ番外編 プロ化しない判断は正しい

このオフのセレッソの動きに関してはこき下ろしっぱなしの私だが、これではセレサポらしくないのでたまには誉めておこうか


www.cerezo.jp

 

林 穂之香選手 スウェーデン女子1部リーグ AIKフットボールへ完全移籍のお知らせ | セレッソ大阪オフィシャルウェブサイト | Cerezo OSAKA

脇阪麗奈選手 ノジマステラ神奈川相模原へ完全移籍決定のお知らせ | セレッソ大阪オフィシャルウェブサイト | Cerezo OSAKA

 

何と、日本代表の選手を同時に3人も放出! その他にも主力2名を国内他チームに放出と、何やセレッソ大阪堺レディース店じまいか、と思わせる選手大量流出劇。が、これは妥当なオペレーションやろうね

 

セレッソレディースも所属してたなでしこリーグ、昨季までは国内トップカテゴリーだったがそれとは別のプロリーグを作るという。この発表があったとき、「セレッソも行くんかなぁ...」と危ぶんでたが、不参加となった

 

私は新設プロリーグについて熟知してる訳やないが、これだけは言える。女子サッカーで利益なんか出る訳ないやろ」

 

女子スポーツは本質的にプロ化が難しいというカルマを背負ってる。理由は簡単、男子に比べ運動能力に劣るから。クドクド説明するまでもない当たり前の話だが、女子サッカーで言えば男子の高校生にも劣るというのが通説。Jリーグがあるのにユースのプリンスリーグが商売的に張り合えるのかよ、てな論理

 

だから女子スポーツである何らかのメリットがある競技以外は、同競技の男子からパイを奪えない。華やかさのフィギュアスケートやゴルフ、打球が速すぎない方が見やすいテニスとか

 

さて、女子サッカーやけど、プロ化して成功の要素があるんやろうか? ラグビープロ化の記事の時も似たような事を書いたが、なでしこリーグという疑似プロリーグで何年もシミュレートしたんやから、勝算有るかどうかの判断は子供でも出来るやろ

 

ここで言う成功とは日本人選手が強化されてまたW杯で勝てるチームになる...ではなくて、ビジネス的に成り立つかという観点で。ハッキリいって選手の給料が上がる以外になでしこリーグから大差ない興業に新たな客がつくとはとても思えん

 

聞くところによると、目標観客動員数は1試合5000人が目標らしい。(しかも見込みはその半分らしい)こんなん、やる前からビジネス的には成り立たないってゲロってるようなモンやろ。なのにプロ化をごりおし。こんな泥舟、乗ろうという経営者はよっぽどのお気楽者だけやろ

 

ここでようやくセレッソを誉めるターン。プロ化なんかしたらセレッソの持ち出しが増えるだけやし、成績次第でシビアに選手を切らなアカンようになる。元々全選手自前育成で他所から選手を買わないという、超身内主義でやってるセレッソにとってメリットないで

 

おまけに新リーグにはリーグ秋開始制度というタチの悪いテーマもついとる。これは日本で屋外興業やる場合は厄介な腫れ物案件で、それに手を出してしまった以上、負ける公算が高い

 

トップレベルにある主力は他クラブに移籍させてもプロ化はしないのは、「今後もウチは育成組織のスタンスで行きます」という所信表明やろ(私的期待込み) その判断は全く正しい

 

選手の獲得放出でキリキリさせられるのは、Jリーグセレッソ大阪だけで十分やから