第31節A大分戦プレビュー お隣のエンブレムパクリ問題

ユンやロティーナの最盛期のように「ウチの方が優れてるから勝てるやろ」の期待感は無いし、さりとてクルピ監督交代前の「何やってんだ」の絶望感もない… 何とも言えないぬるま湯感漂う今のセレッソ

 

前節にしても逆転負けした事自体への悔しさはあるが、だからと言って降格の危機が近づいたりACLが遠のいたりする訳でもなく、チーム状況としては1つ試合を消化したぐらいの違いしか無い(乾の故障が心配されるのが最大のトピックスなぐらい)

 

今節でもその状況に何ら変化はなくサッパリ興味の湧かない大分戦のプレビューは止めて(2週間前から私の興味はルヴァン準決勝)、昨日突然話題沸騰となったあの件について書く

 

セレッソ以上に士気も運気も上がらないお隣さん、現場が無能ならフロントの手でそんな悪い流れを断ち切ろうとしたのかは知らんが何とエンブレム変更のギャンブルに出た(シーズン途中の今頃何で?)。そしてその賭けの吉凶は…

 

即日パクリがバレて、赤っ恥の笑いものに

 

そらそうやろ。もうありとあらゆるものにデザインとかロゴマークとかを取り入れる現代で、あんな単純なデザインにしたら絶対どっかと被るで

 

そもそも昨今では何で幼稚な単純化が持て囃されるんや? あんなん、描くだけやったら小学生でも描けるやん。プロにしか描けない緻密なデザインやからカネ払う価値があるんとちゃうの?

 

これは私が乾が最高のプロ選手だと思う理由にも繋がる。フットボールでプロになれる選手には2種類あって、誰よりも早く強く高いアスリートとしての能力に秀でてるタイプと、イマジネーション溢れるプレーが出来るアーテスティックなタイプの2つ

 

個人的には、前者にカネ払う価値は無いと思ってる。何故なら一般人が極限まで練習すれば辿り着ける域だから。極論すればドーピングすれば可能な訳であって、そんなCPU能力競争みたいなのがふっぼるの醍醐味とはとても思えないから

 

で、何故乾が最高の選手かと言えば、いくら練習しようが彼のプレーを真似する事が出来ないから。これは彼が曲芸でするリフティングが真似できるかとか、そんな次元の低い話でなく、試合の場面場面で瞬時に他人が予想しないプレーを選択出来る能力の事である

 

えっ、あんなプレーが試合中に出来るの? しかもあんな状況、態勢でそれを選ぶ? 私がセレッソに来た乾を初めて見たときの感想が、これである。このタイプこそ、シロートが逆立ちしても真似できない、カネ払って観る価値のある選手である

 

イニエスタが将にそう。一つ一つのプレーをビデオで見て後から再現するのはそう難しい事やないが、それを同じ状況でやれるかと言えば「そらイニエスタやから出来たんやろ」ってなる(だからミキタニが33億払ってでも連れてきたんやろ)

 

まぁ、何が言いたいかというと、そんなカネ払う価値のない簡単に真似出来るデザインを掴まされてしまったお隣さんは、ご愁傷さまでした。運気上げるどころか大凶おみくじ引いたようなモンで、来季の大阪ダービーの可否がチョットだけ心配…