'22日程発表と、DAZN値上げに思ふスポーツ興行の暗い未来

開幕まで1ヶ月を切って、遂に今季の日程が発表されたな

 

www.cerezo.jp

 

日程表を見てまず目についたのがテレビ放送の多さ。私の記憶が正しければ昨季のリーグ戦放送はたったの1試合。この少なさは偏に「ワクワク? 何でそんな時代錯誤の試合するチームを中継せにゃアカンねん?」とテレビ局に判断された事によるものだが、今季は日程発表の段階で既に5試合。おいおい、どういう風の吹き回しや?

 

「今季のセレッソ、期待できるで」って局側が感じたとはとても思えないので、もしやセレッソ側から営業をかけたのか? 理由は皆目不明だが、放送される試合数が増えるのはサポとしては素直に嬉しい

 

というのも、テレビ以外のもう一つの視聴方法から悲しいお知らせが届いたから

 

news.yahoo.co.jp

 

DAZNが配信に乗り出してから、Jの環境は劇的に改善された。先ずはあの忌まわしき2シーズン制を駆逐出来た事。サッカー界の世界標準から外れる、無理矢理盛り上げるアメスポ的興行ドーピングを使わざるを得なかった金欠Jリーグが、再び世界標準の正常な道に戻れたのは偏にDAZNという”金主”を得たから

 

次にJの全カテゴリーを見れるようになった事。スカパー時代の下部カテゴリーの扱いはもう忘れてしまったが、とにかくJ3まで全ての試合を見れて、しかも見逃し配信で自ら録画する必要もないのは将に「上から下までJは丸ごと面倒見ます」状態。セレサポ的にもU23の試合をガッツリ見れて有り難かった事だろう

 

これほどメリット満載で月額料金が2,000円ソコソコってのはこんな美味しい話は無いな… って思ってたらやっぱりこの額では無理やったんやね

 

このニュースが流れてから多くの人が言っている通り、3,000円という金額自体は許容範囲やと私も思う。が、私が懸念するのは金額ではなくDAZNはこの商売を続けて行けなくなるのでは?」って事

 

これはCLの放映権を手放した時も思ったのだが、その後もNFLなど他のコンテンツも次々手放してた事から、あのビジネスモデルでは収支が厳しかったのだろう。で、全ての商行為は儲からなかったら(正確には資金繰りが詰まったら)ゲームオーバーなので、ある日突然DAZNも…てな事も”可能性としては”ある

 

一般的に儲からんビジネスの理由は簡単で、一つは仕入れコストが高過ぎる時。DAZNの場合、間違いなく欧州各国リーグやUEFA等の団体からの放映権料が高過ぎる(しかも常識外れの額で)

 

これについては「何故アジア最終予選のアウェイ戦が地上波放送されないか?」を考えればサッカー知識皆無の人でも気が付くと思うが、奴らの要求する額はスポーツビジネスモデルを既に破壊している

 

日本人感覚ではあり得ない強欲さに呆れると同時に、「売れてこそ甘い汁が吸えるのに、マーケットを殺してしまってどうするの?」と、小市民な私などは考えるのだが

 

ちなみに現在絶賛開催中の女子アジアカップがテレビ放送されてない時点で、男子のアジアカップ、ひいてはW杯もテレビ局が撤退する日も遠くないと私は確信している。そうなってもDAZNがあるじゃないか、チョット前までそう思ってたのだが、そのDAZN様が匙を投げた時は…

 

そしてもう一つ、DAZN的ビジネスモデルが儲からなくなった第二の理由があるのだが、それについては語るのも結構虚しくて… (続く、多分)

'21オフ其の捌 ようやく渡欧の瀬古と、その後釜は…

チーム始動日も過ぎて流石にもうオフのネタも終了と思ってたら、今オフ最大の移籍ネタがまだ隠されていた

 

www.cerezo.jp

 

今オフで最も重大な”損失”やと思うけど、実はそんなにショックでもないし驚いてもいないし意外感すらなく、むしろそれどころか「ようやく渡欧か」の感すらある

 

香川真司に始まり乾清武…と嘗てセレッソが欧州でブランドとして持て囃されてた頃ならともかく、昨今は「お前誰や?」みたいな選手にまで声がかかるほど若手欧州移籍は当たり前の時代。U年代から代表に選ばれ、トップ昇格するやルヴァンのニューヒーロー賞やリーグのベストヤングプレーヤー賞まで獲得した超注目株がそれに倣わない道理はなく、大半のサポにとっては移籍するかどうかではなく時間の問題やったやろう

 

ティーナ1年目で名を上げた時点でワタシ的にはその翌年の夏にはブッコ抜かれるやろうな(もしくは少なくとも東京五輪終了と同時に)と思ってたので「やっとかよ」ぐらいの気分

 

言っておくけど、私はセレッソで名を上げたらドンドン欧州に行くべきだと思ってる訳ではない。むしろその逆で、「主力選手を抜かれてセレッソに何のメリットがあるんやろ?」というのが正直な気持ち

 

が、今に限り「良いオファーだったらサッサと出ていくべき」と思ってしまう。理由は簡単、今のセレッソは泥舟だから

 

これはチーム始動会見について別に書こうと思うが、あの内容のあまりの無責任さお花畑さに今季は残留争い間違いなしと確信した。(本当は”降格間違いなし”と言いたいが、それではあまりにもネガティヴ過ぎるので)

 

瀬古はもうレギュラーとして数シーズン経験も積んだし、タイトルは獲れなかったが上位争いやカップ戦決勝も経験したし、ロティーナの元でポジショナルプレーも習得したし、もうこれ以上セレッソに居ても得るものはないやろ。以前のように「今年は勝負気配」なチームじゃないし、残っても残留争いで苦労するだけやから欧州移籍に比べて何のメリットもない

 

ちなみに、行けば確実にステップアップとも思ってない。何せあの柿谷ですらあの程度しかできなかったリーグなんやから、相当覚悟せんとジーニアスの二の舞になる。けどまぁ、瀬古の誰が相手でも怯まん性格からして活躍出来る可能性の方が高いと思う

 

それは、僅か半年で帰ってきてくれたあの選手のようには背番号15番が直ぐには帰ってこない事を意味する、純セレサポ的に考えると悲しい事なんやけど、世の中悲しいニュースがあれば嬉しい”噂”もあるようで…

 

hochi.news

 

何や今オフはビッグニュース連発で、シーズン中は端役しか務められんからオフの内に注目浴びようって魂胆か?(笑)

'21オフ其の漆 ”ふーつーうのメンです♪”の帰還

恐ろしくスムーズに進む今オフのセレッソの補強の、恐らくダメ押しの一報が来た

 

www.cerezo.jp

 

'21シーズンのセレッソは、特にシーズン終盤は異様なスタメンを続けていた。GKを除いて全員漢字表記の、即ち外国人選手ゼロ! まるでJ3下位チームのようなJapanese Onlyな布陣は個人的には悪くないとは思うのだが、それは初めから国産チームで行くと計画してれば、の話。ところがセレッソにはそんな意図はどこにもなく、シーズン通じて3名の”フィールドプレーヤー”の外国人選手が在籍していた

 

つまり分かりやすく言うと3人も(ダンクレーはノーカンとしても2人も)ハズレ外人を掴まされた事になり、それはその選手の獲得にゴーサインを出した人間の目利き力の低さを表してる

 

フツーの企業ならそんな”やらかし”をしたら査定に大きなバッテンがついて「〇〇さんは春から沖ノ鳥島支店らしいよ」てな事になるんだけど、株式セレッソ大阪は世界標準の企業コンプライアンスが通じない温情企業らしい(非上場企業は強い!)

 

で、2年連続してやらかす訳にはいかないとネジを巻き直した結果が今オフの怒涛の選手獲得であろう。それは外国人選手獲得においてもご多分に漏れず、そしてやって来たのが”ぶーるーうーのメンです♪”

 

セレッソでは珍しい出戻り契約だが、お別れになった2年目だって全然悪くなかったから昨季も契約継続で良かったんやないかと思うぐらい、2年前程度の活躍は期待してもいい”元本保証”な新戦力

 

”藤田奥埜””坂元りくじろー”比較でも述べたが、今はやっぱりこっちの方がエエと思うで。確かにニューフェイスや若手選手には無限の可能性や未知の魅力を感じるが、それをガイジン選手でやると結果は往々にしてルーカスミネイロみたいな空振りに終わる確率も高いわけで

 

万馬券派の私がこんな事を言うのは忸怩たる思いだが、降格しないためには大穴狙いの新外人馬券じゃなくて3着ヒモとしてはヒジョーに堅いブルメン馬券を買わざるを得ない追い詰められたシーズンだと(ノーホーラで迎えた最終レースでよくある状況)

 

その辺り、他でもない監督には肝に銘じて今季の指揮を執ってもらいたい

'21オフ其の陸 坂元移籍が今のセレッソの存在意義か?

ちょっと前から噂になってたから覚悟はしていたけど、新年一発目の人事として正式発表が来た

 

www.cerezo.jp

 

J2からやって来て即開幕戦でスタメン起用されて、そのまま2シーズンずっとレギュラーポジションを張り続けた。こんな絵に描いたような補強の成功例の坂元。特に'21シーズンは乏しい攻撃力の数少ないストロングポイントとして極めて貴重な戦力だけにチームにとって流出は大打撃なのだが、まぁ出さん訳にはいかんよな

 

今のセレッソにJ2から選手が来る意義があるとすれば只一つ、それは己のキャリアのステップアップ

 

これがチョット前のユンロティーナ政権時なら、勝てるとか、世界標準のポジショナルプレーを習得出来るなど他にモチベショーンの持ちようがあったけど、今獲得交渉する時に「ウチに来て一緒にJ1優勝しよう!」なんてホザこうものなら、「勝てるチームを壊しといて何を白々しい事を」と、流石に言葉には出さないだろうが内心で嘲笑されること間違いなし

 

しかしそんなマッチポンプチームに今オフも有望株が続々とやって来たのは偏に、「ここで名前を売れば欧州に行きやすい」という魅力が惹きつけるんやろうな

 

実際はセレッソ発欧州行きは何と山口蛍にまで遡らなければならないのだが、それはJ2低迷期&大熊時代が実力派ベテラン補強路線だったから。それが気に食わんワクワク一派「若手をバンバン欧州に売り飛ばす俺カッケー」”古き良き時代”への回帰運動してる訳だが、坂元で早速成果が出てさぞや満足な事やろう

 

セレッソの勝利がなにより大事”の正統派サポの私としては主力選手の流出など許容し難いのだが、今のセレッソでは「サッサと欧州行くべき」としか言いようがない

 

前年12位のセレッソが今季優勝の目があるかといえば相当目の曇ったサポでも言葉を濁すやろうし、かといって小菊の下で欧州に行った後に役立つ最新の戦術を学べるとかもあり得へんし、おまけに能力に見合わん安ーい給料しか出せんとあれば残れと言う方が酷

 

こんなやりようのない悔しさを味わうにつれ、大熊の実力派ベテラン路線の方が正しかったと痛感させる。不動のレギュラー選手に「出ていった方がエエで」と言わざるを得ない状況に追い込まれるのは「欧州からオファーがあるから」というのが絶対条件

 

例えば松田陸。現在のセレッソでは坂元と同じくチームにとって欠くことの出来ない中心選手。しかし同選手に対して坂元の時のような悲哀を味わう事はない。何故なら30回った選手に欧州からオファーが来る事などあり得ないから

 

間違いなくJ1の他チームからオファーが来てると思うが、渡欧に比べて国内移籍なら慰留のハードルは何十倍も低いし、選手の側としても大義名分”にならんよね(ナンヤカネノタメカ…と言われかねないし)

 

おまけにベテラン選手はどれくらいやれるかほぼ見通しが立つのに比べて、J2から獲得の若手はギャンブルの要素が高くなる。坂元のように1試合目から実力全開ノープロブレムなんて大当たりもいいところで、フツーは加藤りくじろーぐらいチームにフィットする準備期間が要るし、悪ければ「我慢して何試合も使ってみたけど全然ダメでした」ケースもある訳で

 

まぁ極論すれば見解の相違やけど、「藤田奥埜」と「タツりくじろー」のどちらが得かって事。それは成績だけじゃなく年俸移籍金など金銭面までトータルで考えて

 

ワタシは明らかにベテラン路線の方が利益があったと思うんやけど、そうは思ってないフロントを抱える以上、今後も”涙の御見送り”は続くやろうな

 

えっ、債務超過やから給料安い若手路線以外に手は無い? それ言い出したらアンタ等にJ1クラブを運営する資格があるのか?という問題にまで発展する訳で…

'21オフ其の伍 色んな意味で惜しかったチアゴ

一時期、サンフレッズなる妙な単語が聞かれた。首都圏の金満ビッグクラブが地方都市のクラブから選手を吸い取り続けるという、世界統一政府のようなサッカー界ヒエラルキーに従って出来上がった”広島製”チームを揶揄した造語だが、来年あたりそれの二番煎じが聞かれるかも知れない。その名も、”セレンパス”

 

www.cerezo.jp

 

アゴは色んな意味で惜しい選手である。先ずはセレッソ加入の経緯。前年まで絶対のDFリーダーだったヨニッチが志那超級に突然ぶっこ抜かれて、その穴埋めで緊急補強の形で獲った、ある意味本来なら必要でなかった選手。しかも契約したはいいが無能政府の「スポーツ選手なんかにビザは出さん」(特段の事情とかヌカして外人をバンバン入れてたくせに)愚策のせいで来日出来ず、無意味に待たされてチームにフィットする期間が与えられない中での参戦であった

 

次に西尾の台頭。これは一度どこかで強調しておきたかったが、西尾の成り上がり力は異常である。ユース→U23コースはヨソにレンタルでお茶を濁した後バイバイって選手だらけのなか、同じコースから2年目には開幕スタメンの座を勝ち取ってる

 

そう言うと、瀬古が居るじゃないかという声が聞こえてくるが、彼はジュニアユースの頃から将来を嘱望されてた、云わばジーニアス曜一朗クラスの選手である。U23なんかあろうがなかろうが放っておいてもスタメンになってた別格で、そんなレアケースを例に挙げるのは何の意味もない

 

話が瀬古にズレたが、その他大勢U23選手に見えた西尾が今季開幕からレギュラーを続け挙句の果てには日本代表にまで招集されたなんて、去年言ったとしても信じる人など一人も居なかった”アンビリーバブル”な話で、こんな例は恐らくセレッソの歴史でも一度あるかないかの事象である

 

西尾、瀬古と前置きばかり長くなって恐縮だが、チアゴ第2の”惜しい”は西尾の出現。こんな超レアケースのライバルが居るなんて「聞いてないよ~」って嘆いてもいいぐらいの不運。で、西尾とチアゴのどちらを採るかと言えばレヴィとかいう老人を除いて全世界の監督が西尾の名を挙げる訳で、監督更迭後チアゴがスタメン落ちしたのは致し方のない話である

 

ここで終わればよくある”一瞬で帰国した外人選手”だが、彼に第3の”惜しい”があって、それは類まれなるヘディング能力。CBなんだからヘディングが強いのは当たり前だが、その得点能力はセレッソ史上No.1だろう。組み合わせに恵まれたACLグループリーグとか天皇杯やルヴァンで、モタモタした戦い方のチームが彼のヘッドに何度助けられた事か。私などはタガートじゃなくて彼がFWとして加入しててくれたら…と何度も思ったよ

 

これだけ”惜しい”セールスポイントが満載なのだが、放出のニュースを聞いても「まぁ、そうやろな」と思えるのも、もしかしたら第4の”惜しい”かも。スタメンCBは無理としても異能チアゴを何とか活用しようとしなかった小菊が監督続ける以上、セレッソに居っても冷や飯食いは不可避やし、だったら他チーム行ってセレッソでの不遇を見返した方が良いのでは、と

 

こうやって来季は敵になる選手の活躍を応援する気持ちになれるのは、vsセレッソ戦不出場条項があるからであって… 髭のオッサンも、同選手のヘッドの脅威には気がついていたようで

'21オフ其の肆 NJとセレッソの未来はあるのか?

来季に向けての戦力整備が続々と進むセレッソで、予期していたというか残念なニュースが飛び込んできた

 

www.cerezo.jp

 

西川潤は、言わずとしれた日本全国がその将来を期待する超有望株で、加入前からその名前が他サポにも知れているセレッソとしては大久保以来の全国区王道新人だった

 

自前ユース上がり大好きなセレサポも彼に対する期待は別格で、その期待感は久保建英を迎えたF東サポ並やったんとちゃうかな?

 

そして2種登録、つまり桐光学園に籍を置いたままセレッソで出場した試合では、出場時間が短いながらその才能の片鱗を見せる活躍をして、気の早い私などは「ひょっとして来季は南野以来の高卒即開幕スタメンも?」なんて甘い夢を見ていた

 

が、残念ながら現時点ではその夢に対する達成感は1割もないだろう。彼より年上の元U23メンバーが軒並みレンタルに出されるのと違ってずっとトップチーム帯同なのは流石だが、肝心の出場した試合でのパフォーマンスは「?」で、結局3年目はレンタル放出と相成ってしまった

 

一番の想定外は同時期に坂元の加入だろう。プレースタイルは違うとはいえ同じ左利きの同じ攻撃的な若手選手となればポジション&起用したい場面モロ被り、そうなると大学&J2で揉まれてきた17番に一日の長がある訳で、控えに回されるのは致し方なかった

 

もう一つの問題は、NJ自身のセールスポイントがイマイチ不明な点だろう。例えば坂元は、「戦術云々関係なく一人でサイド崩せます」という分かりやすい特徴があって、監督しても使い勝手がいい。彼の前任の水沼も「合わせるだけで点になるクロスをバンバン上げれます」という実に分かりやすい特技があった

 

そこへいくと、NJは優れた才能があるのは分かるけど「試合に出たら必ずこれをやってくれるだろうという」想像が難しく、そもそもFWなのかMFなのか適正ポジションすらよく分からない

 

ここでふと思いついたのは松田力。過去記事でJ1のレベルでないと酷評した事があったが(それはスタメンFWとしての事だが)、今季ベストゲームのルヴァン準決勝vs浦和戦でのロスタイムの体を張ったボールキープで”使える選手”である事を大いにアピール、終盤戦でずっとベンチ枠を確保し続けたのは、その利用価値を監督に認めさせたからであろう

 

さて、3年目はレンタル先で捲土重来となった訳だが、行き先が鳥栖というところに「やっぱり主役は持って生まれた運も違うわ」と思わずにはいられない。先ず下部リーグじゃなくJ1に出すというのが扱いの違いを感じるところだが、その行き先の鳥栖はある意味今オフの主役、つまり今季のレギュラー大盤振る舞い刈られ放題のチームである

 

そう、それだけレギュラーポジションスカスカな状態ならば割って入る余地は十二分にあり、キャンプ中のアピール次第ではこの2年果たせなかった開幕スタメンも夢じゃないのでは?

 

しかも元同僚の藤田とセットで来九の形。鳥栖出身でチームの勝手知ったる先輩が居るのは大きい。よく、「プロなんだからそんなん関係ない」とホザく方も居るけど、一般サラリーマン以上に人間臭いのがプロスポーツ選手。純粋培養九州人だった清武が、みるみる内に「あれっ、セレッソユース出身やったっけ?」みたいになったのも”入り”でトリニータから4名セット加入やったのが大きい筈(しかも先輩3名が全員レギュラーとして乗り込んできたんやから、桜軍団としても大分軍団に一目置かざるを得んし)

 

NJが九州の地で反撃の狼煙を上げる可能性は大いにある。しかし活躍すれば、元来注目度の高かった彼を毛唐のハゲタカ代理人どもが見逃す筈はなく、そうなるとそのまま帰阪せずに渡欧なんて事も。かと言ってあれだけの至宝がレンタル先でも活躍せんとなるとセレッソ的にも一大事やし

 

何とかセレッソと歩む未来は無いもんかなぁ…

'21オフ其の参 監督契約更新で苦難の新シーズン確定

この一報を聞いた時、来季は降格を覚悟して臨むシーズンになると腹を決めた

 

www.cerezo.jp

 

これは小菊を個人的に非難する訳ではない。前年途中から登用された新人監督が引き続き率いた翌年は苦難のシーズンになっているというワタシ的統計から導き出した”一般論”による悲観的見方である

 

そもそも、プロサッカーの監督は成功するより失敗する事の方が圧倒的に多い。例えば今季開幕からチームを率いた監督で成功したと言えるのは何人居るだろうか? ウチを含めて途中解任は約半数の9名、途中解任でなくとも例えば途中就任にも関わらず4位まで持ってきた鹿島の相馬とか名古屋のマッシモに至っては(ウチを破って)タイトル獲ったのにシーズン終了と同時にオサラバの扱いを受けてる

 

つまり監督業とは失敗するのが当たり前であって、相当なバックボーンのある監督でもない限りは「今季は途中で切られるかも」と覚悟してシーズンに臨んだ方が良い

 

さて、小菊が”レアケース”になれるかと言えば、若葉マークの監督に”相当なバックボーン”なんてある訳ないし、今季途中からの指揮ぶりを見ても「来季成功する」と太鼓判を押せるだけの強調材料はない(それを見つけたという人が居たら教えてほしいぐらい)

 

そもそもあんなに長くコーチだけをやってた経歴が大いに疑問で、ご存知の通りセレッソにはU-23という格好の練習台があった訳で、もし本人に監督として成功してやろうという野心があったらそれに名乗りを上げて監督業としての経験を積まない訳はないし(隣のツネ様がやったように)

 

ここからは単なる推測だが、小菊は監督として勝負するよりコーチとして長くクラブに関わっていたいタイプの人間では? 専制君主になりがちな監督への選手たちの不満を和らげる緩衝材、そして良き兄貴分の役割に生き甲斐を感じてたりとか…

 

くれぐれも言うが、小菊個人を非難したい訳ではない。ナァナァの流れで若葉マークの監督に託して上手くいくほど今のJは甘くない、ただ単にこの事実から懸念してるだけ

 

ホンマ、これで小菊で成功したら奇跡やと思うけど、Jを熟知した他サポの方々はみんなそう思ってるんとちゃうの? Jを舐めんなよ、と