第31節A湘南戦プレビュー カップ戦の使い方

何度か書いてるけど、私はカップ戦にはあまり価値を感じない。それどころか、リーグ戦勝てなくなったクラブが「でもカップ戦を勝ったから」とスポンサーやサポに向けて言い訳するガス抜き大会とさえ思ってる

 

ちなみに、まだタイトル獲ってないクラブにとってはリーグ戦に準じる価値があるとは思っている。例えば残念ながら負けてしまったけどアビスパ福岡が目の色変えて獲りに来たとしても理解できる。が、それでも残留争いがあるので「リーグ戦捨ててでも…」なんて考えたとしたら大間違い。どこぞの星いっぱい持ってるクラブは「リーグは捨ててルヴァン獲りに行ったのに…」とか訳分からん事言ってたけど

 

まぁガス抜き大会であっても今回の勝ち抜けは今のセレッソの状況的に大いに価値があった。それはまたもや負けた浦和サイドから漏れ聞こえる、以下の反応の裏返しとして

 

「国内無冠が確定して、今後は何をモチベーションに戦えば良いのか?」

 

そう、準決勝でセレッソに負けてしまった結果、彼らは当面の目標を失ってしまったんよね。ACLというビッグタイトルはミョーな日程のせいで実質来季のタイトル化してるので、今季無冠が確定。何や3年計画(お前ら共産主義者か?笑)とやらを掲げてその最終年で何が何でも結果を残さなければなかったのに、あの敗戦でもう完全に言い訳の余地がなくなってしまった。フツーの社会人感覚ならフロントは即進退伺、チームはもう完全に死に体である

 

あまり他所様の事を言うのを止めておこう。何が言いたいかと言うと、もしあの準決勝で負けていたらセレッソが死に体になっていたわけで、そうなると何の目標もない状態で残り5試合戦う事になってた

 

ちなみに私などはサンフレッチェとの頂上対決に敗れた時点で「残りは消化試合」と見切って、ここからは来季に向けての選手の振り落とし、厳しいチーム内生存競争になると捉えているが、ルヴァン決勝進出によって選手はそんなネガティヴな競争心に煽られる必要はなくなった。ルヴァン制覇に向けて邁進する、そのモチベーションのままリーグ戦も戦えば良いだけ

 

例えば、仮に土曜日の試合で前半不出来でビハインドを背負ってしまったとしよう。そうなると小菊がハーフタイムに言うべきはたった一言

 

「そんな戦い方じゃ広島に勝てへんで~」

 

これだけで後半は選手の動きが見違える事間違いなし。なんたってあの強いつよーい広島を負かそうって言うんやから、残留争いの相手になんかに不覚を取ってたら話にならんし

 

これこそカップ戦の正しい使い方

ルヴァンSemifinalレビュー メンデスまで使う小菊の能力が敵将にあれば…

このH&Aの準決勝の前哨戦、リーグ戦のアウェイ浦和戦を今季ベストゲームと評した私は、その正反対のワクワク総攻撃サッカーで小菊に完勝されてしまったので、この試合についてあーだこーだ言う資格はないと思ってる

 

しかし敢えて言うなら、向こうのプレスに圧倒されアップアップだった第1戦の後半、キレずに耐えきってドローで終わった、まさにリーグ浦和戦の勝利にも通じるワクワクとは違った戦い方をした事がこの栄光に繋がった事は忘れたらアカンと思うで

 

で、セレッソブログやのにセレッソについて書けないと決めたら、書ける事は対戦相手についてしかない。普段はあまり相手の事などには興味が無い私だが、何せ浦和はJリーグ屈指のサポ数を誇るビッグクラブ。漏れてくる情報だけでも半端なく、色々読んだり聞いたりしてるうちに、強烈な違和感を感じた、それは...(以下、あくまでも個人的感想)

 

先ず、平凡なJサポレベルの私が理解出来ないのが、彼らが戦前勝つ気満々だった点。確かに第1戦目の内容を見ると勝てるような気になるのは分かるのだが、よく考えてほしい。それだけ上出来でもたった1点しか取れてないし、何よりスコア上はドローのイーブン、紙のように薄いアウェイゴールアドバンテージを得ただけ。それに今季はリーグ戦でシーズンダブル喰らってるし、そもそも順位的にはアンタらは上位を相手にする”アンダードッグ”やろ?

 

それを勝って当たり前、万に一つも負ける事なんかあり得ない、みたいな戦前の反応が多かったの見て「多分プーチンもこんな発想やったんやろうな」と醒めた私などは思った訳

 

それでも「実は表向きに虚勢を張ってるだけで内心またセレッソにヤラれると思ってるのとちゃうの?」とも思ったのだが、敗戦後の阿鼻叫喚&負けたチームを蔑むような感想を聞くにつれ、「あぁ、この人達ホンキで勝利確定やと思ってたんや」と

 

ホンの一部の時期を除いて「どんなに好調でも突然アッサリ負ける」状態が常だったセレサポの私とは全く発想が違うんやな、と悟った訳

 

で、そこからは何で負けたのかの洪水のようなお題目のオンパレード。その量たるや、まるで炎上コメントのような膨大さ。試合結果とは正反対にこのマンパワー差はワンサイドゲームやな、と思いながら読んでるとまた違和感が、それは

 

この人達、浦和の恵まれた状況を理解しとらんやろ?

 

前述の通り、浦和はJダントツのサポ数を誇るビッグクラブ。会計上は三木谷マネーに負けてるので予算もダントツではないとは言え、それでもJ平均からすると明らかにリッチなクラブで、それは毎オフで必ず”選手を獲る側”な事でも明らか(決して獲られる側になる事はないし)

 

そんな戦力的に超恵まれた条件なのに、やれ誰それが居ないから~とか、やれ来季は〇〇のポジションには誰それが必要とか、アンタら今与えられてる豊富な戦力で何でそんな事になるの???

 

まぁ、債務超過の貧乏クラブのサポの僻みでもあるのだが、彼らがよくいうJ2オールスターズって言う揶揄が鼻について仕方がない。実はこのフレーズ、セレサポも言う事があるのだが、それは「今季はJ2からキラ星のような有望株を獲得出来た、誇らしい」の意味なのだが、浦和サポのいうそれは「所詮は使えん2部の選手」の意味やろ?

 

過去にガンガンJ1他クラブの主力選手を強奪してきたアンタらからしたら2部の選手なんか見栄えせんかもしれんけど、彼らはダイヤの原石やで。J2オールスターズの一員だったウチの坂元にチンチンにされたのをもう忘れたんか? 彼らは磨けば光る、海外クラブからオファーが来る、日本代表にもなれる逸材なんやで。それが活躍せんとしたら、そら使う側に問題があるんやろ?

 

で、ここでようやくセレッソの話題に戻れるんやけど、”ワクワク否定派”の私でも認めてるのが、小菊の与えられた選手全員戦力化能力(これは前にも書いたけど)。J2オールスターズがビッグクラブ様を圧倒する活躍が出来たのは偏に小菊が彼らを使える戦力にしたから。今や鉄板のレギュラーと化した鈴木徳真も毎熊も、デビュー戦とか散々で、そこで「やっぱりJ2オールスターズやな」との評価を下してたら今の彼らが居たかどうか

 

まぁ、この2名は時間はかかっても芽が出た可能性は高いけど、為田がレギュラーとして乾の抜けた穴を立派に埋めてるなんて、一年前のセレサポに言っても誰も信じへんで。もう若手と言えないJ2の選手、そんなレベルの選手までレギュラーに引き上げたのは小菊の手腕に他ならない。何せ、誰がどう考えても今季でオサラバのメンデスにまで出番を与えて戦力化しようとするんやから(しかもシーズン終了間際のこの期に及んで)、そんな発想は日本広しと言え小菊サンだけやで

 

なので「自分の能力に自信がある、単にチャンスに恵まれへんだけや」と思ってるJ2J3の逸材諸君は小菊の下に来たほうがエエで。これは私がセレサポやから言うんやなく、彼の下なら大して使われもせず新戦力に色目なんて事にはならんから(過去の監督ならセレッソでもあったが)

 

問題は、いつまで彼の首が続くのか。小菊と違って全監督戦力化能力はフロントには無いので…

第16戦日本GP 3年ぶりの日本GPは見所盛り沢山だった

年に1度だけの開催、しかも日本では3年ぶりとなるMotoGP。これだけでも盛り上がりは必至なのに、BS放送では番組開始からクライマックスがやって来た

 

小倉藍、16年ぶりの日本人ライダーによる日本GP優勝!

 

何やねん、その冒頭からいきなりクライマックスに突入するような番組構成は!? …って、BSはMotoGPクラスだけの生放送なんやから当然番組開始時にはMoto2Moto3は終わっていて、そこで日本人ライダーが優勝したら触れん訳にはイカンよね

 

そしてメインのMotoGPHondaMarc Márquezがこれまた3年ぶりのポールポジション獲得! とスタート前から大きな盛り上がり要素が。何度も私が言ってるようにDucati GPと化してる現在のMotoGPポンコツマシン(失礼)でポール獲得、しかも長期欠場明け僅か2戦目での快挙に、やっぱり6度も世界チャンピオン獲るような人は格が違うな、と感心しきり

 

そしてレース本番も日本人ライダーが盛り上げてくれる。先ずは今年の鈴鹿8耐の覇者、長島ワイルドカード出場ながら予選は日本人最上位。残念ながら途中で転倒リタイアだったが、CBR1000RR-Rを彷彿とさせるHondaのマシンをシッカリと画面に映した意義は大きい

 

これも以前に書いたが、オレンジ色のV4マシンが走ってても全然Hondaが走ってるって感じにならんのよね。市販車とほぼ同じトリコロールを纏ったマシンでHonda製品を大いにアピールした長島は、(HRCじゃなく)メーカー的にはGood jobやったんとちゃうかな?

 

そしてワイルドカード出場の筈がMirの代打ち扱いに代わった津田やけど、燃え盛る青いマシンというインパクトある画像を提供。順位的には殆どアピール出来ない今回のSuzukiのバイクを、これまたシッカリ画面に映して営業サイドは大満足やったんとちゃうかな?

 

と、ここで1人、実に可愛そうな人物が。そう、このレースをブッチギリで勝利したウィナーのJack Miller。一時は2位以下を5秒以上を離す圧勝だが、あまりに早く独走モードに入ってしまった為、局側の興味から離れてしまって全然画面に映らないし優勝後のインタビュー映像すらなし(くどいようやけどBS映像では)

 

世界的には日テレ制作でない別の国際映像が映ってた可能性もあるが、とにかく画面に出るのは日本メーカー勢最上位のMárquezやチャンピオン争いのQuartararoBagniaiaAleixばかり

 

そしてもう一人画面に頻出してたのは上述の2名リタイア後はコースを走る唯一の日本人ライダー、中上の勇姿。本来なら出走出来ないぐらいの怪我を押して”母国のファンの為”に走る姿は、もう最下位なんて順位なんて吹き飛ばすぐらいの感動の嵐!

 

とまぁ、取り留めもなくダラダラと書いたが、それぐらい見所山盛りで実に楽しい日本GPやった。これはもてぎまで見に行った人は大満足やったやろう。

 

来年は私も行ってみたいけど、ロケーションがなぁ。北関東の外れって大阪から行くには如何にも不便な位置やし。”第2”日本GPを鈴鹿でやってくれへんかなぁ…

第16戦 日本GPプレビュー 3年ぶり開催で気合が入る?

先週まで長く続いた欧州シリーズも終わって、今週から暫くは欧州勢にとってアウェイの戦いが続く。その反対に日本勢にとって今週はホームの戦いとなる

 

しかし日本は3メーカーも参戦してるのに、ホームゲームはたった1戦。表向きは欧州勢(イタリア&オーストリア)もホーム開催1戦だが、サンマリノなんて事実上イタリアやし、そもそも亞洲と違ってEUの身内感は半端なく、言ってみれば欧州開催は全て欧州勢のホームゲームのようなもの

 

なので何戦もある欧州”ホームゲーム”と違って、年にたったの1戦の貴重な貴重な日本メーカーホームゲームの日本GP。普段はオートバイレースに冷淡な日本のマスゴミも多少扱いを変えてきている

 

www.msn.com

 

BSは普段は深夜(それもレースによっては翌日の)にダイジェストなのに、何と生中継の力の入れよう。そしてYoutubeではMoto2&3限定やけど金曜土曜のFPを生配信! 日本GPって毎回そんな”大サービス”やったっけ… と思ったが前回は3年も前の話なので思い出せない(笑)

 

Moto2&3は常日頃から日本人ライダーの優勝争いを期待できる状態になってるし、優勝は期待すべくもないMotoGPクラスも”ホームゲーム”とあってワイルドカードで日本人ライダーが複数参戦するし(渡辺一樹の時と違って、今度は走る姿も画面に写してや)、マスゴミ的にも近年無いくらい取り上げやすいんやろうな

 

それから、夏風邪を死の病扱いする愚行の”副作用”でそーしゃるでぃすたんす(笑)の保てる移動手段、バイクに乗る人(特に若い人)が増えてるから、そのビッグウェーヴに乗ってバイクレース人気も再興するかも…

 

そりゃないやろな。彼らが買ってるのはバエるだけで本気の走りとは無縁のRebelなんやから

第15戦GP de Aragón 熱いDucati GP

最初に言っておくが表題は嫌味ではない。台数的にも突出したDucatiが上位独占で興醒め… このレースが終わるまでは私もそう思って別の事しながら流し見してた。しかし、しかしだ。結果的には今季1,2を争う熱いバトルを見せてもらえた。そう、DucatiサテライトチームのライダーのBastianiniのお陰で

 

直近のレース4連勝中でこのレースでもポールポジションスタート、過去にはレジェンドライダーしか達成していない5連勝に向けて順風満帆爆進中の新たな絶対王者候補を正攻法で2度も抜き去り、ハナ差でチェッカーを受ける!

 

やっぱりレースは抜きつ抜かれつが醍醐味なんよね。もう”カウルの色”なんか気にせずに純粋にそのレースだけを楽しむ事にしよう(馬名なんか覚えてない、平場のレースに張る感覚)

 

しかしDucatiは前途洋々やな。予選は現ファクトリーライダーのワンツーで、決勝は来季ファクトリーライダーのワンツー。来季の2枠目の選定に手間取っとったようやけど、ここ2戦を見ると選択は大正解やったし笑いが止まらんやろ

 

一方日本メーカーはと言うと、Hondaは復帰したエースが同じHondaのライダーを潰して自らもリタイア。そしてYamahaもエースをそのHondaのエースに潰されてリタイア。日本メーカー全体でもシングルフィニッシュはRinsたった1人(それもギリギリの9位)とまぁ踏んだり蹴ったりのGPやった…

 

…日本GP、どうなるんやろ? 日本でやってるのに欧州メーカーのロゴばっかり画面に映って、日本メーカーが画面に出るのは転倒の時だけってのはエライさん的には納得出来んやろうなぁ… Suzukiに続くメーカーが出んかったらエエんやけど…

今季ワーストゲーム 素人監督の3季目に期待するのは止めや

最初に書いておこう。ジュビロの2点目は100%小菊の采配ミス

 

そして、私を除く多くのセレサポが期待してた3位に入ってACLは監督のせいで露と消えてしまった

 

後半に入って、特にセレッソに2点目取られてからはジュビロカミカゼ強度勝負に来てるのに、何で清武を引っ張ってんの? ファンタジスタで売りは決して強度ではない、しかも直前に地面に転がって試合止めるぐらい脚を痛めてる、そして交代枠は5つも余ってて既に試合は60分。どこに交代を躊躇する要素があるねん??? 前でもっと走り回って圧力かけれる選手に交代すべきやのに相手が喜ぶような用兵するとか、厳しく言ったら利敵行為やで。

 

要は相手が玉砕覚悟になってるのに気づけずに、素人監督やから”温存”の事しか頭になかったんやろ。今よりももっと酷暑で体力的にキツかった8月はリーグ戦の為の温存なんかしなかったクセに、涼しくなり始めた今に至って(しかもリーグ戦に比べれば遥かに価値の少ないカップ戦の為に)、何を戦力温存路線に切り替えてるの???

 

やっぱり、あれか? プロとしてピッチに立った事が無いから、ピッチからビシビシ伝わってくる試合の流れの変化を感じとれないんかな。結局、プロ選手経験なしってのが致命的なんよね

 

頑張ったのに勝てないんやなくて、自ら勝ちを逃した。消化試合やと分かっててもこんなに腹立たしい事はないわ。前節ベストバウトと言っていい試合をしたばかりなのに、何でたった3日で今季ワーストゲームになるねん? 残留争い面白くしてくれって、野々村から頼まれとったんか???

 

今季は開幕時”無印”でノーマークやったからここまで躍進する事が出来たけど、格段にマークがキツくなる来季は素人監督では絶対苦戦する。今日の試合見て、もう小林伸二さん3季目パターンを覚悟したよ

 

ホンマ、ワクワク一派とはソリが合わんわ。はよ、まとめて解任されへんかなぁ

第30節A磐田戦プレビュー やはりユンロティーナは手強い

前回私が「どうせ失点する」書いたそばからロティーナ時代を彷彿させるウノセロ勝利。いつぞやもあったけど、何やまた小菊に嘲笑られたようやな

 

消化試合に入ったチームがビミョーな順位の相手に地味なスコアでの勝ちなのでJサポ全体的には注目ゼロの試合やろうけど、これ、今季のベストバウトの1つやないの?

 

例えば後半頭あたりはかなり自陣に釘付けにされてたけど、かと言ってあわや失点てなヤバいシーンもない、つまり上手に相手に攻めさせてたし(お釈迦様の掌の上状態?)、まだ運気が戻ってないから残念ながら決まらなかったけど、キヨのFKとか終盤の面です抜け出しからのシュートとか、7月8月やったらどちらかが決まって”追いつかれる前にトドメの2点目”の最高の勝利やったやろうし

 

恐らくは連戦中でもスタメン固定で戦わざるを得ない台所事情からの”背に腹は代えられない”ユンロティーナ路線への一時復帰やろうけど、この試合みたいな戦い方、ワクワク一派は受け入れてくれへんのかな? 確かにポゼッションも負けてるし、攻められてる絵が続くのは見栄え良くないかもしれんけど、相手選手からしたら相当手強い戦い方やで

 

それは実際戦った相手の、特に浦和サポの反応にも如実に現れてるし。一部の”分かっとらん”サポ(あんなドン引きでは優勝出来ない云々)を除いて、「あの堅守はノーチャンス」みたいな諦めコメントを多数読ませてもらった、楽しい楽しい秋の夜長…😁