'22シーズン

第18節Hエスパルス戦 来季への展望を検討しろ

何や経産省が電力逼迫注意報出しとるようやけど、大阪に居ると「そこまでヤバいか?」と思わなくはないけど関東地方は近畿よりは一段上の灼熱状態らしいな で、マスゴミが言うには「蛍光灯からLEDに変えて~、料理は冷ましてから冷蔵庫に入れて~」 …アホか…

天皇杯3回戦vs仙台戦 Jリーグに開催権を譲渡しろ

まだ6月なのに何や急に暑くなってマスゴミを始めヒーヒー言ってる人が多いようやな。私なんかは梅雨やのに雨が少なくてCBRで走れる日が多くなって大歓迎やけど、フツーの人はガンガンエアコン使い始めるやろうし、電力不足をどう解決するつもりなんやろうか…

第17節Aサンフレッチェ戦プレビュー 真価を問われるのはここから

藤尾が参加してる、期待してたU23も残念ながら準決勝で敗退。吉田がやらかしてドッチラケで敗退したキリンカップも終了、明日からまたJリーグモードの週末が始まる この中断期間前のセレッソはカップ戦含め公式戦6連勝中、順位も首位と勝ち点差5の5位と”…

ルヴァンプレーオフ2ndレグプレビュー エース流出の考察①

昨日正式発表されてから他サポも含めてその話題で持ち切りの乾の退団劇。それこそ代表のガーナ戦など吹っ飛ばす程の騒がれようや。私は謹慎処分が発表された時にも考察を書いたが、長年待ち焦がれてようやくセレッソに帰還したエースが何で1年保たずにチー…

天皇杯2回戦vs関大戦 プロモーションは大事

天皇杯2回戦は有難いことにYoutubeで配信されてたな。試合内容は前半で3点取って勝負あり、しかし後半は攻められっぱなしで流すだけのような内容におカンムリの方も居られるようやが、天皇杯2回戦なんてあんなモンやで プロ相手に一世一代の檜舞台と張り…

第16節A湘南戦プレビュー レッズ戦の”快勝”を忘れるな

大阪ダービーの興奮冷めやらぬ中で行われた前節浦和戦は、ダービー快勝での「セレッソ、強いんとちゃうの?」がまやかしやった事を示した一戦やったやろ? 序盤こそ攻め込めたが10分過ぎから向こうに主導権を握られる受け身な展開。標準レベルに”戦術仕込ん…

第15節H浦和戦プレビュー ダービー快勝は忘れて臨め

前回大阪ダービーで快勝にも関わらずあまり喜ばない論調で書いたけど、それはあの試合を見返したらよく分かるんとちゃうか? 個人的にもDAZNで再度見てみたが、戸田の解説の名調子と並んで際立つのはアチラのレベルの低さ。もう現代サッカーとしては犯罪と言…

第14節H大阪ダービー 消えゆく大阪ダービーの価値

ワタシ的にダービー史上最もヌルかった4月のルヴァンダービーと違って、今回はアチラさんが前代未聞の試合中に仲間割れを起こすぐらい熱いダービーやったな が、いくら熱量上げようが実力不足は隠しようがなく、飛車角どころか金銀まで6枚落ちと言ってもい…

第13節Aグランパス戦 今のセレッソに来ても、小菊の下に居っても伸びんよ

一昨年まで存在してたセレッソ大阪U-23チーム、3チームしかなかったJ3所属のアンダーチームだが、トップチームの強化に寄与するかどうか私の中で常に疑問だった 3シーズン目ぐらいに、チームの主軸だった米澤令衣や岸本武流が全然トップチームに上がって…

第12節Hジュビロ戦 大津の悪質プレーにレッドを出せ!

半額プロモーションのお陰で、平日開催にも関わらず直近のダービー以上の客が詰めかけたこの一戦、実に”スリリング”な内容での勝利に終わったな 前回書いた通り、勝利に勝るファンサービスなしなんやから、チケット半額にしてまで集めたお客さんを満足させて…

第11節A鳥栖戦 ディスカッションなんか必要ない

先週突然、セレッソではチョット過去に例の無いような【お知らせ】がクラブからリリースされた www.cerezo.jp これを開催するクラブ側の意図は私には不明やけど、【お伺いしたい事】から推察するに客の不入りについて改善案を見出したいという事なんやろうな…

第10節 H鹿島戦プレビュー 内部に巣食うスパイを叩き出せ

セレッソにとって聖地ともいえるホームスタジアムが青く塗られる、それもダービーが開催される時に。私はこのニュースを聞いた時、市関係者あたりがやらかした事で、セレッソの預かり知らぬ事でよもやセレッソが関わってはいないだろうと思った。しかし調べ…

ルヴァン第5節 H大阪ダービー 史上最もヌルいダービー

一昔前は、私はダービーに死物狂いになるアチラの気持ちが理解出来なかった。勝っても貰える勝ち点は他の試合と同じ3なのに、何でロシアに侵略された今のウクライナ国民レベルの命懸けの騒ぎが出来るのだろうか、と 確かに同都市名を掲げるクラブ同士ならど…

第9節 A福岡戦 アフター乾の世界と清武の新境地

先週は乾の処分でピッチ外での話題を一身に集めたセレッソ、この試合からチームの主力選手の一人を欠いて6試合戦うという大きなハンデを背負う事が決定したが、それを単なるマイナスとして済ますのは下策 多くのセレサポは敢えて言わないだけで気づいている…

ルヴァン第4節 H鹿島戦 乾の処分について一考察

スタメンオールターンオーバーの即席チームで予定調和にアッサリ負けた一戦やけど、そんな事より最近のチームトピックスは乾の謹慎処分の件やろ 乾貴士選手の処分について | セレッソ大阪オフィシャルウェブサイト | Cerezo OSAKA 既にベンチから外されてる…

第8節 A神戸戦 前々監督の笑顔と荒ぶる現8番

2年連続開催される事となったロティーナダービー、セレッソにとっては看板通りロティーナっぽい試合内容やったな 先制したあたりまではエエ試合内容やったんやけど、セレッソの新ストロングポイント山中が負傷退場した時から「このまま1-0で逃げ切れたら…

第7節 Hレイソル戦 10試合消化、途中経過良好

昨季、もしくはお隣で半季でクビ切られた時からしか知らない人にとってはダメダメ監督にしか思えないだろうが、嘗てのレヴィークルピは紛れもなく名将だった その名将の有名な名言に「チームが固まるのに10試合は必要」があるが、今季のセレッソはルヴァンを…

第6節 Aフロンターレ戦 誰が監督でも

まだ4月になったばかりやのに、今シーズンのベストゲームが決まってしまったかのような大金星やったな ひょっとしたら試合内容では更に上を行く試合もあるかもしれないが、絶対王者のホーム無敗Jリーグ記録を4発ゴールで止めるという活字的インパクトの前…

W杯アジア最終予選最終戦 最後の最後にダンバンラム

以前、セレッソが横からの攻めが多いのは強みだと書いたが、やっぱり破壊力抜群という事を新たに教えてくれた一戦やな 特にCKは横からの攻めだけじゃなくセットプレーという事もあって、これが功を奏すればゴマメがW杯常連国から安々とゴールをゲット出来る…

ルヴァン第3節 H大分戦 ヨドコウ行った人は勝ち組

先週末はショボい引き分けに終わったセレッソ。しかしJ2相手は流石にイケるやろと楽観的に臨んだこの試合も0-1で折返してやっぱりヘボいわ~、と諦めた途端の6ゴール快勝! いやぁ、目出度いメデタイ… これ、絶対ワナやろ? この大勝で「俺ら結構イケ…

監督一つで…

先ずは'22シーズンのダービー1着確定のお知らせから(モチロン、日本ダービーやなくて、監督解任ダービーね) www.vissel-kobe.co.jp ホンマ、ふっぼるの監督業って超不安定なブラック業種やで。確かにかなりの出遅れやけどたった7戦でクビを切られるとは……

第5節H 札幌戦 勝ち点は取れる時には確実に

3節終了時にチームはグダグダだと書いたら直後の試合が3-1の快勝、これならイケると意気込んだ今節はショッパいドロー… 何や小菊に弄ばれてる感じやが、この5戦で結構見えてきたモノもある チーム戦術を仕込んで試合に臨むのは現代サッカーでは当たり前…

第4節A エスパルス戦 横から攻めろ、放り込め

今節のセレッソのスタメンで大きな変化があった。それは今季新加入の山中の起用。彼のポジションは丸橋が長年レギュラーとして君臨してきた左SBである 上門、中原、毎熊、そして北野颯太らと違って、山中はもう他所のJ1チームで名を上げたメジャーどころ(…

第3節H F東戦 敵を見極めるのは簡単

今回もロシアのウクライナ侵攻の話題、しかしふっぼるブログなので足球関連のニュースから www.tokyo-sports.co.jp ロシアは着々と世界から滅ぼすべき人類の敵の烙印を押される道を歩んどるな。しつこく言うけどもう善悪の話やないんよ。軍事侵攻で得するな…

ルヴァン第2節A鹿島戦 カルピンの悲哀

北京五輪パラリンピック開幕目前なのにまだ停戦しないので、本日もウクライナ侵攻の話題から news.infoseek.co.jp おぉ、誰かと思ったらあのカルピンが今のロシアの監督やっとるんやね。我が国で初めて行われた2002年のW杯、開催国という事で組分けで優遇さ…

ルヴァン第1節 A大阪ダービー 当たり前のようにダービーを勝てる時代

北野颯太、中原、鈴木徳真、山中、そしてウエジョー(パナスタのマヌケDJ、プロなら仕事前に下読みぐらいしてこい!)… 私の指令が小菊に伝わったかのような、新戦力を重用したスタメン。新加入ではないが鳥海や中島、そして舩木がCB起用と、総入れ替えぶ…

開幕節A Fマリ戦 世代交代、チーム大改革の一年

ボール支配率 72:28 シュート数 22:10 しかし、 スコア 2:2 (笑) 昨季は通常年なら優勝してもおかしくない勝点を叩き出した強豪Fマリ相手の開幕戦、大方の予想の通りワンサイドゲーム。それを何とか引き分けて、勝ち点ゲットはご苦労、ごくろう… …あの…

'22順位予想 当てれた人は馬券師の素質あり

'22開幕まで1週間を切って、今年も例のJリーグ専門週刊誌恒例の順位予想の季節がやってきた 一昨年、ロティーナ2年目で勝負年なのに下された低評価(といっても6位予想)を「お前らの目は節穴か」と嘲笑させてくれたり、その反省か昨年は10位というほぼ的…

'22戦力分析其の参 藤田の穴は小菊の意思一つで完全に消せる

今回は「藤田の穴は完全に消せる」について書こうと思うが、これは前回書いた坂元の穴の解決法「実質もう既に解決してる」とは違って、多分に願望が含まれている 一般的には藤田の代役としては同じくボランチポジションの鈴木徳真を獲得したと見るのが自然だ…

'22戦力分析其の弐 坂元の穴を埋めるどころか…

前回、部外者が吹聴してるセレッソの大幅戦力ダウン、主力5選手の離脱は多分フロントとしては想定内だと書いた。そしてFW2選手についてはさしたる損失ではなく焦点は坂元瀬古藤田の3選手の穴を埋められるかどうか、であると その中でも一番の注目は”大駒…